スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素敵な言葉を頂いて

先日出演した「ことばーか」にて、お客様からとても素敵なメッセージを頂きました。

彼女は年若い女性で、バーレスクを初めて観たとのこと。

このメッセージを頂いたときに、自分が初めてバーレスクという表現に出会った日のことがぶわ~っと蘇ってきて…
何年かの時を経て彼女に文章にしてもらったような、とても不思議な気持ちになったのです。
すごく文章が美しくて…面白い視点で書いて下さり感激しました。

私はバーレスクが大好きな、いちバーレスクファンなので、自分のバーレスクがいかに未熟か、日々思い知らされることばかりです。
本当にまだまだ!常に努力しなければいけない身です。

それでも、バーレスクを知らない方に、バーレスクの面白さを少しでも伝えられることができたら嬉しいな…と思っています。

では、了承を得て一部紹介させて頂きます★


『リリィさんの身体とその使い方、動きが、「エロい」とか「妖艶」という、"いわゆるそのジャンルだよね"といった形容表現ではない、もっと中身を伴った美しさだったと感じております。(うまく言葉に出来なくてごめんなさい)

空気の変え方、しかもそれが言葉ではなく、一切が身体によるものーー視線、表情を含めたーーであったことに、とても感動しました。
だからこそ、だと思うのですが、あの空間内で「見る/見られる」の関係が演者(リリィさん)と観客の間で反転している瞬間が多々あり、それが非常に痛快でした。

言葉は悪いと思うのですが(すみません)、バーレスクとなるとおそらく演者側は「見世物」的扱いを受けることがあると思います。
それが、見事に逆転している瞬間、つまり、リリィさんの視線により、「見世物」を見ている(見ている=優位と勘違いしている)私たち自身が「見世物」になっている瞬間があったことに、「やってくれたぜ!」のような痛快さがありました。

もちろん、それは、そのために用意された、身体、使い方、まなざし、表情、衣装メイクの結果だと思います!本当に、素晴らしかったです。』


ご来場とメッセージありがとうございました!!
これからも励みますのでよろしくお願いします!!
スポンサーサイト
プロフィール

Lily★Delirium

Author:Lily★Delirium
Lily★Delirium
(リリィ デリリウム)

キュートなだけでは飽き足らない破壊力をご堪能あれ!!
愉快、痛快、奇々怪々なショウをお届けするエキセントリック・バーレスク・パフォーマー。

白拍子(しらびょうし)という、平安時代のショーガールの歌と舞も勉強中。
2015年7月、丹後市・網野神社の舞殿にて奉納。

※2015年8月、Lily★Oriental Dynamiteより改名しました。

Twitter:@Lily__Delirium
お気軽にフォローお願いします。

mixi:Lily★Delirium(リリィ★)

blog:〜夜の夢こそまこと〜
http://lilydynamite.blog.fc2.com/Lily★Delirium

facebook:デリリウム リリィ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。